高圧、特別高圧の電力申請代行業務

RS-japanでは、太陽光発電所の設置にあたり、複雑な高圧、特別高圧の電力申請を代行しております

申請の主な流れ

①接続検討の申込み

RS-japanが再生可能エネルギー発電設備を設置し所轄電力会社管内の系統に連系するため、所轄電力会社所定の様式により接続検討(設備の工事内容、および工事工期、工事費負担金等)の申込みをいたします。

②接続検討に対する検討(電力会社)

RS-japanからの申込内容にもとづき、所轄電力会社にて、他のお客さまへの影響等がないか等も含めた技術的な検討を行い、検討結果がRS-japanに回答されます。

③系統連系および電力受給契約のお申込み

接続検討の回答を踏まえ、「再生可能エネルギー発電設備からの電力受給契約要綱」に基づき、所轄電力会社所定の申込書により、系統連系および電力受給契約の申込みを行い、必要書類を提出いたします。

④技術検討・契約申込み回答

RS-japanは事業実施を判断し、意思表明書等を所轄電力会社へ提出いたします。この間、所轄電力会社は、電力系統にお客さまの発電設備を接続するにあたり、他のお客さまへの影響等がないか、技術的な検討を行います。

⑤接続契約の成立

検討結果に問題がなければ、所轄電力会社より「系統連系に係る契約のご案内」が送付されます。
この発送を以って、接続契約の締結となります。

⑥事業計画認定の取得

RS-japanは、所轄電力会社から「系統連系に係る契約のご案内」を受領した後、すみやかに事業計画認定を取得し、「認定通知書」の写しを所轄電力会社へ提出いたします。

⑦特定契約の成立(電力受給契約のご案内)

所轄電力会社は、特定契約(買取契約)の成立の証として、「電力受給契約のご案内」を発行します。また、お客さまと所轄電力会社との間で、「発電設備の電力系統連系に係る覚書」を締結いたします。

⑧系統連系・受給開始

RS-japanが工事を完了した後、その旨を所轄電力会社に通知いたします。RS-japanからの通知を受け、所轄電力会社が現地調査を行ったうえで、受給開始となります。
※受給開始にあたり、お客さまの立会いが必要な場合がございます。
受給開始後、所轄電力会社からお客さまへお支払いする電力料は、あらかじめお客さまからご指定いただいた口座へ振込みいたします。