大規模太陽光発電所(以下、メガソーラー)とは、出力が1000kW以上の太陽光発電設備のことをいいます。
住宅用の10kW以下の太陽光発電施設とは違い、太陽光で発電した電気の全量を電力会社に20年間固定した値段で買い取ってもらえるというメリットがあります。20年間全量を買い取ってもらえるため、現在、業種を問わず、メガソーラーへの事業参入が加速しています。

メガソーラーの場合、一般電気事業者の火力発電所や原子力発電所などと比べて、構造がとてもシンプルということもあり、故障が起こりづらいというメリットがあります。また、火力発電所では、石油・石炭・LNGなどの燃料価格の相場により大きく収益が変動しますが、メガソーラーの場合、太陽光がエネルギー源となりますので安定した発電と収益が見込めます。

また、メガソーラーを設置するためには広大な敷地が必要になります。また、発電した電気は、送電線・配電線を通して送電するため、どんなに僻地であっても交通インフラの影響を受けません。遊休地・休耕地、大きな工場の跡地なども利用できますので、土地に係るコストをおさえることができます。これまで使い道に困っていた土地がある方は、ぜひRS-japanにご相談ください。

メガソーラーは太陽光をエネルギーとして発電しますので、火力発電所のように大量の二酸化炭素を排出しません。地球温暖化が深刻な問題となっている昨今、環境にも優しい発電所として今後期待されている再生可能エネルギーのひとつです。海外でも大規模なメガソーラーの建設が進んでおり、サハラ砂漠のごく一部にメガソーラーを建設したとしても、地球上で消費する電力が賄えると試算されています。

面倒な連係手続きもお任せください

メガソーラーの建設にあたっては、施設単位の発電容量が50kWを超える場合、所轄の電力会社と高圧連係という契約を結ぶ必要があります。高圧連係する際には高圧受電設備(キュービクル)も必要になります。
また、電気主任技術者を選任して定期的に保守点検を実施することが法律で義務付けられておりますが、このような運用も含めた煩雑な手続きについても、RS-japanでは一括してご相談賜れます。

メガソーラーは、大量のソーラーパネルを並べて設置するため、一般的には巨大台風や地震には構造的に弱いということがいわれておりますが、RS-japanでは、架台設置技術にも精通しており、これまで様々な立地環境での施工をしておりますのでご安心ください。