社長メッセージ

私たちの目指す新しい社会の創造

お客さまの要望に応えるということ

株式会社RS-japanの伊藤です。
弊社ホームページをご覧くださり、誠にありがとうございます。

ご挨拶の前に、「なぜ、そんなに幅広く事業を展開されるんですか?」
そんな質問をいただくことがよくあります。

いつも答えることは同じですが、「お客さまの要望にただ応えたい!」ただ、それだけなんです。

「私たちの会社は何でもやります!」
たまに、こういうことを仰られる方もいらっしゃいますが、「何でもできる」は「何もできない」に等しいものだと、ある時から考えるようになりました。
私が社会人になった頃は、「何でもできる」=「仕事ができる」という認識が一般的にもありましたが、今は教育・情報が充実し、一定の知識をもった若手も増えてきております。これまで業界の中堅クラスがヒーヒー言っていた仕事を、頭のいい若手がサラッとやってのけるようになることも少なくはありません。
私たちRS-japanは、まだまだ若い企業体ではありますが、そんな教育・情報を司ったプロ集団であるが故に、組織の仕事全体の底上げを自然に図ることができました。

未来を見据えた仲間づくり

最近では、大型の太陽光発電所の建設をはじめ、様々なプロジェクトに参画してまいりましたが、「ただ建設すればいい」、「これまでどおりのサービスを続けていればいい」という時代では決してありません。日進月歩で技術は進化し、常に変革を求められる時代にさしかかってきております。
弊社では、このような時代と向き合っていくため、また、地域の皆さまの要望にお応えするため、他社や異業種のパートナーとの協業や仲間づくりに積極的に取り組んでおります。新しい仲間からは謙虚に学び、力を合わせて取り組んでいくことにより、10年先、20年先を見据えて、より良い地域とのパートナーシップの実現にチャレンジしていきたいと考えています。

私たちの前には新しいライバルが次々と登場してきています。彼らに共通するのは、「社会をもっとよくしたい」というベンチャー精神です。
私たちは、そのライバルも含め、業界全体を健全に牽引できるリーディングカンパニーを目指し、“情熱”をもって新しい社会を創造していきたいと考えております。

皆さまに感動を与えられるようこれからも進化してまいりますので、今後も皆様の変わらぬご理解、ご支援をお願いいたします。