建築工事業とは、ビル建物など大規模に増改築するようなものが当てはまります。
よく、建築工事業の許可さえ持っていれば何でもできるのでは?と誤解されますがそうではありません。建築工事業というのはあくまで構造物を建設するにあたり、様々な専門工事業者さんを監理・調整し、完成させていくという仕事になります。

例えば電気工事の仕事で500万円を超えるような仕事を請ける場合であれば、別途、電気工事業の許可を持つ必要がございます。そのようなことから、建築一式工事ともよばれ、他の専門工事とは違った扱いとなっており、基本的には元請でないと建築工事業の実績とは認めないということになっております。

RS-japanでは、以下のような資格者を多数抱えており、建築工事業の専任技術者として選任しておりますのでご安心ください。

「1級建築施工管理技士」「2級建築施工管理技士」「電気主任技術者(2種)」
保有資格一覧はこちら

これらのうち1級建築施工管理技士であれば特定建設業許可の専任技術者になることもできます。
※元請で受注して、なおかつ下請に対して総額6000万円以上の工事を発注する場合には特定建設業許可が必要になります。

なお、RS-japanでは、以下の許可のもと事業運営を遂行しております。